パンオショコラ

https://funfun40s.com

COSTCO

軽く焼くと絶品!新しくなったコストコのパンオショコラはリピ決定!

コストコ安定の人気商品、パン・オ・ショコラ。

またまたリニューアルしてさらに美味しくなりました!

詳しくご紹介していきます〜(*^_^*)

 

 

Sponsored Link

コストコ パン・オ・ショコラ

 

 

パン・オ・ショコラ

 

 

このパン・オ・ショコラ、発売されてから16年も経っていて、改良を重ねて現在に至っているんです。

すごいですね〜!

めちゃくちゃロングセラーの商品です。

そして昨年2020年12月に更にリニューアルしました。

どんな点が変わったかと言うと、使われているバターがフランス産AOP発酵バターになったこと。

 

 

パン・オ・ショコラ

 

 

商品名にもAOPって入っていますよね。

AOPとは、ヨーロッパの産地特産を保証するマーク。

これがあると、特定の地域で正当に作られたものだと信じられるということですね。

 

 

パン・オ・ショコラ

 

 

コストコのパン・オ・ショコラには、そんなフランス産AOPバターが21%も含まれているそう。

店頭ポップによると、完全無添加で15時間以上の自然乳酸発酵をさせているんですって。

発酵バターは、普通のバターに比べてコクと風味が増すんだそうです。

高品質で濃厚な味わいは、そこから生み出されているんですね。

めちゃくちゃ手間がかかっているのに、24個入っていて998円。

1個あたり約42円って、すごくないですか!?

世界中のパン職人から絶賛されているバターをこんなに使っていて、このコスパはさすがコストコです。

 

 

 

 

てのひらにのるサイズで、1個約22g。

パッケージ情報から計算すると、1個90キロカロリーくらいです。

パン・オ・ショコラは、フランスの菓子パンで、四角いクロワッサン生地に2筋のチョコレートが入ったもの。

その定義通り、コストコのパン・オ・ショコラもそうなっています。

 

 

パン・オ・ショコラ

 

 

フランスでは、温めて食べるのが一般的。

正直に言うと、温めずに食べてみたら、ちょっと普通な感じ(^_^;)

でもトースターで軽く焼いたらびっくりの美味さでした!

 

 

パン・オ・ショコラ

 

 

芳醇なバターの香りとサクサクの生地に、ビターチョコレートがベストマッチしています。

温めることで、バターが溶けて発酵バターの威力が出る感じ。

フランス流で食べるのが1番です(*^_^*)

 

 

パン・オ・ショコラ

 

 

冷凍ももちろんできます。

いつもならプレスンシールでがっつり冷凍するんですが、24個ってちょっと面倒で普通にジップロックに入れて保存しました(^_^;)

その後食べる時に、冷凍庫から出してそのままオーブントースターで焼き直したら、買ってきた時と同じクオリティで楽しめました。

長く冷凍するときは、プレスンシールの方が安心です。

 

 

 

 

人気すぎるのとコストコでも常に置いてあるわけではないので、アマゾンなどで買うのもありですね♫

 

 

 

 

 

 

 

価格

998円(税込)

 

内容量

24個

 

消費期限

加工日含め3日

(加工日2021年04月30日→賞味期限2021年05月02日)

 

原材料名

小麦粉、バター、チョコレート、砂糖、イースト、乳糖、全粉乳、食塩、卵、小麦グルテン/乳化剤、香料、V.C、カロチン色素、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆を含む)

 

保存方法

直射日光・高温多湿をさけて保存

 

栄養成分

100g当たり

熱量403kcal、たんぱく質7g、脂質22g、炭水化物43g、食塩相当量0.9g

Sponsored Link
Sponsored Link

-COSTCO
-

Copyright© funfun40s blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.